稼げるフリーエンジニアへの道

フリーエンジニアとして働くことの魅力は、働けば働くほど稼ぐことができるということであり、働き方と能力次第で高い年収を期待できることにあります。
IT系企業で勤務をしていた経験のある人であれば、フリーとなっても激務をこなしていくことはそれほど難しいことではなく、同様の働きぶりをすれば年収アップができる可能性が高いでしょう。

さて、フリーランスで稼いでいくためには、どれだけ高額の案件を短時間で数多く、依頼主の期待に応えられるように遂行していけるかというところがポイントになります。エンジニアとしての本領を発揮できる部分は案件の処理を行う部分であり、ここに着目するのであればいかにして効率化を行い、時間単価を高めるかということを考えて仕事をすることが大切です。

生産性を高めるためには新しいものを作り出すために思考する時間を短くし、既存のものを流用あるいは既存のものからすぐに導き出せる部分を大きくすることが大切です。
そういった方法によって、解決がしやすいと考えられる類似した案件を請け負っていくのが、時間単価を上げるための秘訣になります。
ただし、あくまで創造性を盛り込まなければ依頼主の満足が得られない可能性が高い点に注意は必要です。

一方、少し異なる仕事を請け負うことも将来的に重要になり得ます。
類似の仕事がないときに仕事の獲得場が難しくなるからです。そういったものも並行して請け負っておくと効率的に稼げるでしょう。
参考サイト:【フリーエンジニアの年収調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です